患者さんの立場に立ったやさしい医療を 院長 大本一夫

ごあいさつ

昭和29年より当地で父 大本 巌が耳鼻咽喉科・内科を開業しておりましたが、平成7年4月より 私 大本 一夫が院長交代し外科・循環器内科・呼吸器内科・リハビリテーション科を併設いたしました。

60年近くこの地で地域医療にあたっております。近隣には京都第一赤十字病院、育生会久野病院、原田病院がありそれぞれの病院と医療連携を行っており、急性期・慢性期医療に対応しています。

患者さんの立場に立ち、優しい医療を心がけております。専門外の相談には地域の専門医を紹介し対応しております。

院長略歴

昭和52年より関西医科大学胸部外科勤務、倉敷中央病院胸部外科、福岡鳥飼病院を経て平成元年まで関西医科大学胸部外科助手として心臓血管外科、呼吸器外科の診療に携わる。その間、同大学大学院にて博士号学位を取得する。
また、福岡鳥飼病院にて消化器外科、一般外科・整形外科の研修を行う。

平成元年より平成7年まで育生会久野病院にて外科医として勤務。
月輪小学校校医、永興保育園園医、東山医師会監事を務める。